キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

タグ:感謝

こんにちわ~

今週も無事終わりました

ほっ

今日もこうやってブログやれてること、とっても感謝です。



さてさて、Twitterに今日ツイした内容です。 







この箇所、とっても有名な箇所で、「喜び・祈り・感謝」ってよく言って、賛美もありますね。

有名なんですが、その内容の意味とか、深みとか、パウロがどういう思いでテサロニケの人々に向けてこの言葉を書いたのかって伝わってきません。


でも、この箇所だけピックアップするんじゃなくて、テサロニケ人への第一の手紙全体を読んで、その流れっていうか、文脈の中でこの「喜び・祈り・感謝」箇所を味わうと、ほんと、深いんです。

っていうか、印象がガラッと変わります。



このみことば、もう一度改めて書きますね。





☆★○☆★○☆★○☆★

第一テサロニケ5:16~18
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

☆★○☆★○☆★○☆★



ぼくたちは時に喜べないこともあります。

口ではいくらでも「喜びましょう~」とか「感謝しましょう~」みたいなこと、言えますが、でも、実際、喜びどころか、不安に押しつぶされそうになることがあります。

大切な人を亡くした悲しみ、それもですよね。。


でもね、パウロはそんな無責任な思いでこんなことを言ってるんじゃないんです。

きれい事じゃなくて、本当に苦しい迫害の中、将来、再臨のイエス様にお会いすることが出来る、まもなく私たちは携挙され、イエス様とお会いするんだっていうところから来る喜びなんです。


初代教会の信者たちの希望、喜びって、携挙されること、イエス様がまもなく戻って来られるというところにあるんです。



同じ第一テサロニケ4章16~18節にはこうあります。




☆★○☆★○☆★○☆★
主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。
それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主とあうのです。
このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。
こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。
☆★○☆★○☆★○☆★





 これを「携挙」っていうのです。

そしてこの携挙はまだ起こっていませんが、これから、というか、まもなく起こる出来事です。

神様のラッパが鳴り響き、イエス様が私たちクリスチャンを迎えに天から空中まで降りて来てくださります。

そしてその時、先に亡くなったクリスチャンの方々がよみがえるのです。

もちろん肉体をもってね。

でもその時、専門用語で「栄化される」っていうんですが、栄光のからだにされてよみがえります。

栄光のからだって、 傷も染みもない姿です。

もはや罪もありませんし、罪を起こそうという概念すらその人にはありません。

だからね、アンチエイジングなんて、もはや死語だし、当然全員完全すっぴんです。

だって、イエス様の栄光で輝いているんだから、もうお化粧なんて必要ありません。

それとね、病気だって無いんですよ。

そして栄光のからだにされて、空中まで迎えに来られたイエス様のもとに一挙に上げられていくんです。 


そしてね、次にその時に生きている人たちは、瞬間的に栄光のからだに変えられて、一挙に天にあげられます。


そして、天に上げられて、待っているのは、イエス様との結婚式です。

霊的には男性であっても女性であっても、イエス様の花嫁で、クリスチャンはイエス様との婚約中で、イエス様が迎えに来られるのを今か今かと待っている状態なんです。

そして、携挙されて、イエス様との結婚式です。


私たちは携挙され、祝福の内に結婚し、イエス様を賛美し、ほめたたえます。

そう、礼拝です。


そして、イエス様が再臨されます。

その時、私たちもこの地上に戻って来て、私たちと同じ異邦人のクリスチャンを治める働きをするんです。



パウロは、そのことを本気で信じていて、その日がわかっていて、それは確実に起こることを知っているから、だから喜ぶことが出来たんです。

パウロは地獄のような迫害を受けていましたが、その中でのモチベーションは「携挙」だったんです。



パウロは「こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい」って言われました。



イエス様はまもなく、私たちを迎えに来てくださいます。

そして、安心してください。私たちクリスチャンは一人も、一人も失格者はいないんです。

そう、救いは絶対に絶対に失いません。

一度救われたら、たとえ罪を犯しても、失敗しても、たとえ法に触れるような犯罪を犯してしまったとしても、失うことはありません。

自殺したとしてもです。


そして、試練の中にあっても、悲しみの中にあっても、イエス様は私たちの内に住んでいてくださっています。

ここに希望があり、そこに信頼すること、これが祈りなんです。


このことがわかっているから、そしてまもなく迎えに来てくださるから、感謝が生まれてくるんです。



ぼくたちはこの地上生活だけを考えていたら、死後に希望を見いだせなかったら、それは地獄であって、喜ぶことも、感謝することも出来ないでしょう。当然です。

でも、まもなくイエス様がぼくたちを迎えに来てくださるんです。

ハレルヤ、そこにこそ希望があり、喜びがあるんです。



主に信頼すること、主の愛の守りに身を任せること、そして携挙を待ち望みましょうね。

ここに深い深い慰めがあります。

主よ、来てください。。。



明日から新しい一週間、そして週の初めの日である明日、日本中で礼拝がもたれます。

心から主を賛美し、主を礼拝する日となりますように。。。



祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~  







 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 



応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ



人気ブログランキングへ




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今日、二つ目のアップです。



前回、今年の前半の感謝について、分かち合いました。

で、この賛美を分かち合いたいなぁって急に思いました。


これ、「主に感謝せよ」っていうメシアニック賛美で、とっても好きな曲です。






☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

ホドゥ ラドナイ キー トヴ

キ レ オラム ハスド

キドゥ ラドナイ キー トヴ

キ レ オラム ハスド



ホドゥ ホドゥ ホドゥ ホドゥ ホドゥ ラドナイ キートヴ 

ホドゥ ホドゥ ホドゥ ホドゥ ホドゥ ラドナイ キートヴ 


主に感謝せよ

主はことに

いつくしみ 深くあり

恵みはとこしえに



感謝 感謝 感謝 感謝 感謝せよ 主に

感謝 感謝 感謝 感謝 感謝せよ 主に 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
 


この賛美、詩篇136篇1~2節からの賛美です。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

詩篇136:1~2

主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い

その恵みはとこしえまで。

神の神であられる方に感謝せよ。

その恵みはとこしえまで 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
 



いろんなことがあり、落ち込むこともあります。

はぁってため息ついちゃう時もあります。


でも、まさに「主に感謝せよ」ですよね。

この賛美、ひとり歌う中で、本当に恵まれるんです。

あぁ、主はぼくのすべてをご存知であられ、恵みはとこしえまでなんですよね。



明日も感謝で始まり、感謝で終わる一日となりますように。。。。

そして、今年の前半も感謝を味わい、賛美する歩みとなりますように。。。 


でわでわ~  

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ