こんにちわ~

ふぅ、今日も無事に終わりました


ブログの下のバナー見てもらえばわかるんですが、実はこのブログの更新報告をLINEで受け取ることが出来るんです。

登録していただくと、ブログが更新する度に、アップしましたよ~ってライブドアの公式アカウント経由でメッセージで報告してくれるっていうサービスです。

バナーをクリックしてもらい、指示に従ってもらえば登録出来ます。

よかったら、登録してくれると嬉しいです



さてさて、今日もみことばの分かち合い、しますね


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★

仮借ない苦痛の中でもだえてもなお、わたしの慰めとなるのは、聖なる方の仰せを覆わなかったということです。

ヨブ6:10

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★



エリファズの責めのメッセージに対するヨブの答えです。

この時のヨブ、心身共にボロボロで、この箇所の前の節である8~9節を見ると、自分の死を願っています。


そういう状況で、「それでもなお、わたしの慰めとなるのは、聖なる方の仰せを覆わなかった」とヨブは言っているんです。

これがヨブの信仰です。



「聖なる方の仰せ」、つまりみことばですね。

私たちもまた、みことばを大切にしたいですよね。



ヨブは完全に希望を失っています。そりゃそうですよね。

だって、ただでさえ、心身共にボロボロの状態なのに、エリファズの無神経な自己本位な発言で、もはや希望が絶たれ、暗闇の中にどっぷり浸かった状態です。


ヨブほどじゃないけど、でも目の前が見えず、不安の中にあること、将来に対する不安、恐れ、自分自身の内にあります。

でもね、そういう中で不安の波に流されるんじゃなくて、「聖なる方の仰せ」つまり、みことばを覆うのではなく、みことばにしっかりと立つことですよね。


ヨブ記を味わっていて、つくづく思わされるのは、ぼくらは目の前のことしかわかんないっていうこと。

実はそれとは別に舞台裏があって、そこ、つまり天において、神様がその御心により、今の状態に置かれているということ、試練も病気もそうなんです。

それは決して神様が意地悪でなんじゃなくて、特別な、最善のご計画を神様がお持ちで、そのためなんだっていうことだっていうことなんです。

そして、祈りはちゃんと天に届いているということ。ぼくらの祈りは天に届いていて、今、大祭司であられるイエス様が天においてぼくらのために執り成し祈り続けておられるんです。



目の前の波だけを見て、流されたとき、サタンはシメシメって思います。

だって、神様から目を反らし、目の前の現実の前に押しつぶされることですからね。


ぼくらは、常に主を見上げ、主に信頼することなんですよね。

そして、聖霊を通してぼくらの内にいますイエス様にしていただくことなんです。


この3月、イエス様に依り頼み、信頼する月となりますように


お互いに主に信頼しましょうね


祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~