キリストの優しい風

~風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、
それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。
霊から生まれた者も皆そのとおりである(ヨハネ3:8)~

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。





カテゴリ:日常 > 日記

こんにちわ~

今日は一日蒸し暑かったぁ~~

こういう日ってほんと、疲れますねぇ~



最近ね、思わされることがあり、ずーーっと心の中でもやもやしています。

それは何かというと、クリスチャンの成長についてです。

最近、あることがきっかけで、聖書の学びだけというのは違うのかなって感じるようになったんです。


みことばの大切さ

みことばの力を知っているし、聖書のみことばは100%神様の啓示の書です。
つまり、神様のご計画は聖書の中に全部書かれています。

そして今日、旧約、新約聖書66巻、すべて完結しています。だから神様の御心を知りたければ、どこかの預言者とか、個人預言を求めて預言カフェとかに行く必要はないし、誰かに聞くのではなく、聖書から答えを求めるべきです。


だからこそ、聖書の学びって必要だし、本当に大切。

聖書は書かれた時代が違うし、文化も日本とは全くと言っていいくらいに違う。

だから今の時代に置き換えて読んだら、間違った理解となってしまうことがあります。

だからね、聖書の学び、バイブルスタディってほんと、大切なんですよね。

そして、みことばを学び、みことばを通して神様の御心を知り、みことばに従うようになると、人は変えられていきます。



これ、今もぼくのスタンスです。

バイブルスタディの大切さ、本当に実感してるし、聖書のみことばを通して人は変えられると思ってます。



でも、聖書の学びだけで本当にいいの?

でもね、いくら聖書の学びをし、知識を蓄え、人に教えられるようになってもね、その人の頭で止まっていたら、それは成長とは言えないですよね。

これ、とっても重要なんです。



ぼくたちは、みことばを学び、そのみことばに養われる必要があるし、みことばを通して神様と交わること、それが無い限り、いくら聖書を学んでも知識止まりだし、時に罪に対しても軽く扱い、傲慢になってしまいます。



ガラテヤ人への手紙2章20節には、こう書かれています。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。
いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○




ぼくたちはイエス様の十字架と復活の福音を受け入れ、そこに信頼を置いたとき、イエス様と共に十字架につけられ、古い私たちはもはや死んだんです。

感じようが感じまいがね。



そうは言っても。。。っていう人のため、パウロはこう言っています。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
ローマ6:11
このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きた者だと、思いなさい。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○


「思いなさい」ってあるけど、これ正しくは「認めなさい」です。

つまりね、ピンと来ようが来まいが、感じようが感じまいが、聖書にそう書いてあるから、そのことをそのままアーメンと認めなさいっていうことなんです。

だってね、それが客観的な事実なんですからね。


ぼくたちは空気を、冬の白い吐息とかは別として、普段見ないですよね。
電波が飛んでいることも、見えないけど、それは常識だし、当たり前ですよね。

それは、空気を吸うことで生きていることは当たり前だし、電波を通してテレビを見たり、スマホを利用したりしています。


それと同じで、ぼくたちはイエス様と共に既に死んだんだって、客観的事実として認めなさいって言ってるんです。



そして、ぼくたちの内にはイエス様が生きておられます。

だからどっかの預言者にお伺いを立てる必要は全く無いし、逆にそれは罪です。

だって、イエス様のとこに行かず、預言者のところに行ってるんですからね。



この内にいますイエス様と日々、みことばを通して交流をしないと、結局は頭でっかちで、みことばは理解しているけど、その人の心にまで届かないという現象になるんだなって、感じてるんです。

そして、そういう人は、律法的になりやすいし、みことばが凶器となり、みことばを使って相手を批判したり、裁いたりしてしまうんです。


結論:聖書の学び+神様との交わり

だからね、「聖書の学び+神様との交わり」、これが大切であり、それは車の両輪のようなものなんです。



日々、みことばに養われ、みことばを通して主との深い交わりを持つ者でありましょうね。


祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

じゃぁね~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね


それと、気軽に励ましのコメントくださいね



あと、Twitterやってます。よかったらフォローお願いします。
 




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。



こんにちわぁ~

今日も無事終りました。

今日は7月1日、7月のスタートなんですが、実は、昨日で2016年の前半が終わり、今日から後半に入ったんです。

全然ピンと来てませんけどね。

今月もそうですが、いろんなことがあると思いますが、主が用意されているそのご計画に期待します




さてさて、今日はスタバに行き、コーヒージェリーフラペチーノっていうフラぺ、飲みました。


38



これ、底にコーヒーゼリーが入っているフラぺなんです。

ストローでチュルチュルチュルって吸うと、底にあるコーヒーゼリーが口の中に入ってきて、面白い食感で、ほろ苦くて、とっても美味しかったし、癒されました





そんなこんなですが、今月も主に期待します。

神様の用意されてる計画、何でしょうね。

主の御心の中を歩めますように


ブログはみことばの分かち合い、いっぱいしたいと思ってます。

今月も、後半もよろしくお願いします  



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





こんにちわ~ 

今日も無事終わりました。

今日は蒸し暑かった~  

なんか梅雨みたいな、変な陽気。

そうこうしている間に6月、そして梅雨なんですよね。

季節が流れるのって、ほんと、速いなぁって思わされています。



今日はなんか時間ばっかり過ぎて、気づいたらやんなきゃいけないこと、全然やってない 

はぁ、これも陽気のせいって、陽気って便利ですね(笑)



それだけじゃなくて、今週はちょっとお疲れぎみなんです。

嵐のように不安や恐れの風がぴゅ~って吹いてね。

そういうこともあって、ちょっとお疲れなんです。。。




詩篇100篇2節にこうあります。


知れ、主こそ神であると。

主はわたしたちを造られた。

わたしたちは主のもの、その民、主に養われる羊の群れ
 

今日はこのみことばに癒やされています。

そうなんですよね~

ぼくたちは主のもの、その民、主に養われる羊の群れなんです。



大切なのは、「主に養われる」ということ。 

そのためには自分を降ろすことですよね。

自分、自分の間は、ぼくが主役であり、それは養われる態度じゃないです。



主に心開き、主に信頼し、主の御手の中で主に養っていただくこと、これが養われる態度。 

ぼくたちに必要なのは、がんばりじゃなくて、安息。

イエス様の御手の中での安息生活です 

あのマルタの姉妹マリヤの態度です。



そのことをしみじみ思わされています。

ただ主に信頼し、依り頼みます。

そしてイエス様の優しい御手の中で、心休み、安息します。


明日から今週の後半戦、敵の誘惑は大きいけど、そういう中で養ってくださる主に全幅の信頼を置き、一歩一歩歩んでいきます。

安息生活を楽しみながらね~



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑LINEでこのブログの更新通知が届きます♪




気軽に励ましのコメントくださいね
 

それと応援の意味を込めて、ポチお願いします 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ





イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





こんにちわ~

すご~く久しぶりになっちゃいました。。。。

なんか気づいてみたら1ヶ月近く。。。。いけないですね~

また少しずつ、書いていこうと思っています。


8月、夏ですね。毎日暑いですね。

でもね、ふと思ったんですが、この夏の暑さがあるからこそ、秋の恵みを感謝出来るんじゃないのかなって思うんです。

8月、暑い分、その分9月からの涼しさに感謝できるし、秋を味わうことも出来るんじゃないのかなってね。


それにね、これがもし冷夏だったらどうなんだろうって思うと、やっぱり夏は夏らしくって思うんです。

でも面白いですよ、うちの周りは山に囲まれていて、緑は豊富なんですが、山の緑は暑い分色が濃いんです。

人間はふ~ふ~言ってますが、でも山の木々、自然は夏を楽しんでるように感じるんです。


神様は私たちに自然の恵みを与えてくださっているんですね。

そんなことを思いました。



さてさて、今月、花火を観ました。




48



13



22



13



36




33




花火、とっても綺麗でしたよ

でもね、なんか不思議だったんです。っていうか、すご~~く静か。。。。

しかもね、露天のお店もなかったんです。。。。 っていうか、海岸なのに海の家もない、なんか不思議~みたいな、そんな海岸での花火大会。


時間になると、何のアナウンスもなく、海の先からド~~~~~ン

淡々と花火が打ち上げられるみたいな。。。


なんかね、昭和チック満載な花火大会だったんです。

音楽とコラボとか、エンターテイメント性が強い花火大会だったんで、こういうのってなんか不思議でした。


そんなこんなな花火大会でした。


明日は15日、8月のターニングポイント、そして敗戦記念日、今年は敗戦から70年ですね。

今、すごく危険な時代に入っているように感じてます。

こういう時代だからこそ、目を覚まし、時代に流されたり、妥協したりせず、しっかりとみことばに立っていたいですね。


そして携挙を、再臨を待ち望む歩みをしていきたいです。


でわでわ~

このページのトップヘ