キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

カテゴリ:恵みの分かち合い > みことば

こんにちわ

ずいぶんとお久しぶりです。


気づいてみたら8月、このところバタバタしててというか、実際の忙しさというよりも精神的な慌ただしさ、まっ、はっきりいうと心が落ち着かず、気づいてみたら8月も半分過ぎちゃってました

でね、ブログ、書きたいな書きたいなって思ってたんですが、なかなか書けず。。。

うーーーーん

やっぱ気持ちって大きいですね。



ということで、ブログ復活です。

これからまた導かれるまま、ゆるーーーーく書いていこうと思ってます。

ぜひぜひ仲良くしてくださいね。




さてさて、話は変わりますが、みことばの分かち合いします。

旧約聖書の歴代誌第一29章14節にこう書かれています。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
私たちの神よ。今、私たちはあなたに感謝し、あなたの栄えに満ちた御名をほめたたえます。
このように自ら進んで献げる地下rを持っているとしても、私は何者なのでしょう。
私の民は何者なのでしょう。
すべてはあなたから出たのであり、私たちは御手から出たものをあなたに献げたにすぎません。
歴代誌第一29:13~14
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○



このみことばを味わいながらね、あぁ、ほんとそうだなぁって思ったんです。

だってね、ぼくたちが持っているもの、ぼくたちがやってきたこと、成功したと思ったこと、すべての知恵はみーーーーーんなぼくたちが自分で作り出したり獲得したものじゃないんです。

ぼくたちは「努力のたまもの」とか「努力、がんばりによって報われた」とか、そういう言葉を使うけど、でもね、それらはぜーーーんぶ、実は違うんです。



すべてのこと、すべてのものはぜーーーーーんぶ神様から出たんであって、ぼくたちは神様の御手から出たものをもって必要を満たし、それを感謝し、神様にその恵みを献げ、礼拝してるんです。

まさにこのみことばそのものですよね。


つまりね、神様から頂いたものをお返ししているに過ぎないんです。


そのことがわかると、すごくへりくだらされますね。

だって、何一つぼくの手によってしたんじゃないんですからね。


そう、すべての必要は神様の御手の中にあり、その御手から頂いているんです。

そして、ぼくらはその恵みを感謝し、自分の手柄にするんじゃなく、神様から与えられ、その恵みによって生かされているんだっていうことを自覚することなんですよね。


そんなことを思わされたんです。

ほんと、いつもそのことを覚え、感謝する歩みでありたいですね。

傲慢になったり、自分の力でとか思うことなく、神様から与えられている恵みを感謝する歩みをね。



そんなこんなですが、これからよろしくお願いします


祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


じゃぁね





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね


そして、Twitterやってます。




それと、気軽に励ましのコメント

くださいね。

ただ、コメントは承認制にしているので、

アップされるまで、

時間がかかることもあるので

ご了承ください。


イエス様の祝福が豊かにありますように。


キリストの愛を込めて。。。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今日は一日蒸し暑かったぁ~~

こういう日ってほんと、疲れますねぇ~



最近ね、思わされることがあり、ずーーっと心の中でもやもやしています。

それは何かというと、クリスチャンの成長についてです。

最近、あることがきっかけで、聖書の学びだけというのは違うのかなって感じるようになったんです。


みことばの大切さ

みことばの力を知っているし、聖書のみことばは100%神様の啓示の書です。
つまり、神様のご計画は聖書の中に全部書かれています。

そして今日、旧約、新約聖書66巻、すべて完結しています。だから神様の御心を知りたければ、どこかの預言者とか、個人預言を求めて預言カフェとかに行く必要はないし、誰かに聞くのではなく、聖書から答えを求めるべきです。


だからこそ、聖書の学びって必要だし、本当に大切。

聖書は書かれた時代が違うし、文化も日本とは全くと言っていいくらいに違う。

だから今の時代に置き換えて読んだら、間違った理解となってしまうことがあります。

だからね、聖書の学び、バイブルスタディってほんと、大切なんですよね。

そして、みことばを学び、みことばを通して神様の御心を知り、みことばに従うようになると、人は変えられていきます。



これ、今もぼくのスタンスです。

バイブルスタディの大切さ、本当に実感してるし、聖書のみことばを通して人は変えられると思ってます。



でも、聖書の学びだけで本当にいいの?

でもね、いくら聖書の学びをし、知識を蓄え、人に教えられるようになってもね、その人の頭で止まっていたら、それは成長とは言えないですよね。

これ、とっても重要なんです。



ぼくたちは、みことばを学び、そのみことばに養われる必要があるし、みことばを通して神様と交わること、それが無い限り、いくら聖書を学んでも知識止まりだし、時に罪に対しても軽く扱い、傲慢になってしまいます。



ガラテヤ人への手紙2章20節には、こう書かれています。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。
いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○




ぼくたちはイエス様の十字架と復活の福音を受け入れ、そこに信頼を置いたとき、イエス様と共に十字架につけられ、古い私たちはもはや死んだんです。

感じようが感じまいがね。



そうは言っても。。。っていう人のため、パウロはこう言っています。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
ローマ6:11
このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きた者だと、思いなさい。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○


「思いなさい」ってあるけど、これ正しくは「認めなさい」です。

つまりね、ピンと来ようが来まいが、感じようが感じまいが、聖書にそう書いてあるから、そのことをそのままアーメンと認めなさいっていうことなんです。

だってね、それが客観的な事実なんですからね。


ぼくたちは空気を、冬の白い吐息とかは別として、普段見ないですよね。
電波が飛んでいることも、見えないけど、それは常識だし、当たり前ですよね。

それは、空気を吸うことで生きていることは当たり前だし、電波を通してテレビを見たり、スマホを利用したりしています。


それと同じで、ぼくたちはイエス様と共に既に死んだんだって、客観的事実として認めなさいって言ってるんです。



そして、ぼくたちの内にはイエス様が生きておられます。

だからどっかの預言者にお伺いを立てる必要は全く無いし、逆にそれは罪です。

だって、イエス様のとこに行かず、預言者のところに行ってるんですからね。



この内にいますイエス様と日々、みことばを通して交流をしないと、結局は頭でっかちで、みことばは理解しているけど、その人の心にまで届かないという現象になるんだなって、感じてるんです。

そして、そういう人は、律法的になりやすいし、みことばが凶器となり、みことばを使って相手を批判したり、裁いたりしてしまうんです。


結論:聖書の学び+神様との交わり

だからね、「聖書の学び+神様との交わり」、これが大切であり、それは車の両輪のようなものなんです。



日々、みことばに養われ、みことばを通して主との深い交わりを持つ者でありましょうね。


祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

じゃぁね~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね


それと、気軽に励ましのコメントくださいね



あと、Twitterやってます。よかったらフォローお願いします。
 




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今朝、味わったみことばです。



イエス・キリストは、きのうも今日も、また永遠に変わることのない方です。
ヘブル13:8



イエス・キリストは永遠に変わることのないお方、本当にそうだなぁって実感します。

世の中を見ると、あまりにも混乱しているし、今は自己中心の時代なんだなって思わされます。

個人レベルでも、いろんな不安や恐れがあるし、変な話、来年の今頃どうなってるんだろうって思うと、わからないというのが本音です。



でもね、そういう中にあって、イエス・キリストはきのうも今日も、また永遠に変わることのない方なんですよね。

そのイエス様は今、天において、ぼくたちのためにとりなし祈っていてくださっている。

そして、ぼくの内に住んでいてくださっている。

イエス様は今も生きていて、ぼくと共に歩んでいてくださっている、そのことを思うと嬉しくなります



そして、今この瞬間もイエス様の恵みに支えられています。

あぁ、クリスチャンであることって凄いことなんですよね。



主の愛に支えられ、今も生かされています
ハレルヤ


祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

じゃぁね~ 





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 



応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ



人気ブログランキングへ




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今日、二回目の投稿です

 

今回ももみことばの分かち合いです。

ヘブル人への手紙12章22~24節です。

 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆
 
しかし、あなたがたが近づいたのは、シオンの山、生ける神の都、天のエルサレム、無数の天使たちの祝いの集まり、天に登録されている長子たちの集会、すべての人の審判者である神、完全なものとされた正しい人たちの霊、新しい契約の仲介者イエス、そして、アベルの血よりも立派に語る注がれた血です。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆
 

 

クリスチャンの目指すところ

これ、私たちクリスチャンが目指すところです。

「シオンの山」、「生ける神の都」、「天のエルサレム」、「無数の天使たちの祝いの集まり」、これらぜーんぶ天の御国を指すワードです。

冒頭で「あなたがたが近づいたのは」ってあるけど、私たちは天の御国に向かって日々歩んでいるんです。

 

そして、イエス様の十字架と復活の福音を信じ受け入れた私たちは、将来必ず天の御国に行くことが出来ます。例外無しです。

一度救われたら、たとえ罪を犯しても、救いを失うことは絶対にありません。

法に触れる過ちを犯したとしても、自殺をしたとしてもです。

救いは神様の側の一方的な恵みなんです。

 
 

天の御国はどういうところ?

次にその天の御国はどういうところかについて、語られています。

天に登録されている長子たち

これは「福音の三要素」(第一コリント15:3~5)と言って、イエス様が私たちのために十字架にかかられて死なれたこと、死んで墓に葬られたこと、そして三日目によみがえられたこと、この三つが自分の罪のためだということを信じ、受け入れ、そして復活のイエス様に信頼することですが、この福音の三要素を信じ受け入れたクリスチャンたちです。

イエス様が十字架にかかられ、復活してから約2000年、この2000年間で救われたクリスチャンたちが天の御国にいるんです。

私たちの身近なクリスチャンで先に召された方ももちろんその中に含まれています。

だから、クリスチャンはたとえこの地上生涯を終えて先に旅立っても、私たちは必ず再開できるんです。

 

すべての人の審判者である神

これはもちろん神様です(笑)

天のお父様が天の御国におられるのです。

 

完全なものとされた正しい人たちの霊

これは旧約聖書の聖徒たちです。

ヘブル11章39節にはこう書かれています。

ところで、この人たちはすべて、その信仰のゆえに神に認められながらも、約束されたものを手に入れられませんでした

この旧約の聖徒たちは死後、ハデスというところに行ったんですが、イエス様が十字架で死なれた後、そのハデスにいた旧約の聖徒たちを引き連れて、天に上られ、今、旧約の聖徒たちは天の御国にいるんです。

だからね、ぼくたちは将来、旧約聖書に登場する聖徒たちにも会えるんです。

これって凄くないですか~!!!

 

新しい契約の仲介者イエス

天の御国にはイエス様がおられます。

イエス様の十字架での犠牲の捧げ物により、私たちの罪は完全に赦され、取り除かれました。

このイエス様は新しい契約の仲介者であり、イエス様を通して天の御国に将来入ることが出来るんです。

 

そして新しい契約の仲介者であるイエス様、天の御国で何をしているか、わかりますか?

もちろん遊んでるんじゃないですよ(笑)

そうじゃなくて、私たち地上生涯を送っているクリスチャンのために日々執り成し祈っていてくださっているんです。

今、イエス様は大祭司として、私たちのために執り成し祈られているんです。

だからね、私たちはひとりぼっちじゃないんです。

イエス様は私たち一人一人のことを知っておられ、個人個人のため、共に涙して祈り続け、愛し続けてくださっているんです。

ハレルヤ!

 

アベルの血よりも立派に語る注がれた血

 最後にアベルの血よりも立派に語る注がれた血ですが、これはイエス様が十字架上で流された血です。

天の御国にはイエス様の血が天にあるんです。

 

 凄くないですか!

ヘブル人への手紙の著者は「あなたがたが近づいたのは」(22a)って言っています。

そう、天の御国に近づいているんです。

死は終わりじゃないんです。

そして私たちクリスチャンにとって死は恐れるところじゃなく、死後行く場所はどこかを聖書は明確に教えてくれているんです。

 

私たちはまもなく天の御国に行きます。

イエス様にお会い出来るし、私たちの信仰の先輩方にお会い出来ます。

最愛のクリスチャンのお友だちやご家族が先に亡くなったとしても、何れ私たちもその人たちのところに行き、再会の喜びが待っているんです。

 

私たちクリスチャンにとっての希望はここにあるんです。

 

将来の希望がはっきりしているから、今を生きられるんですよね。

主を待ち望む歩み、お互いにしていきましょうね。

 

祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~ 





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 



応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ



人気ブログランキングへ




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。





 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

  ふぅ、今日も無事終わりました。

 
みことばのわかちあい、しますね。 

今朝、味わったみことばですが、ヨハネ21章、イエス様がペテロに3回「わたしを愛しているか」って質問された箇所です。

 で、その後のイエス様とペテロとの会話を味わいました。

  



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

ヨハネ21:20~22
ペテロが振り向くと、イエスの愛しておられた弟子がついて来るのが見えた。

この弟子は、あの夕食のとき、イエスの胸もとに寄りかかったまま、「主よ、裏切るのはだれですか」と言った人である。

ペテロは彼を見て、「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と言った。

イエスは言われた。「わたしが来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたはわたしに従いなさい。」

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆


 

ペテロのチャレンジ

イエス様はペテロに3回「わたしを愛しているか」って言われたけど、ペテロはイエス様を3回裏切って、「知らない」って言ったんですよね。

 

その後、ペテロの心の中の悲しみ、後悔、それは計り知れないくらいの大きさだったと思います。

毎日のように「主よ、ごめんなさい。お赦しください」って悔い改めていたことでしょうね。

  

だからね、イエス様がペテロに3回「わたしを愛するか」って言われたのって、すごーく大きなことだったと思うんです。

 

 その後、イエス様はペテロに「わたしの羊を飼いなさい。はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたくないところへ行った。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる」って言われました。

これ、ペテロの将来に対する預言です。ペテロが将来どんな迫害に遭うかっていう預言で、伝承によると、ペテロは十字架刑にかけられて死にますが、イエス様と同じでは申し訳ないって言って、逆さ十字架にかけられて亡くなったそうです。

これがペテロの殉教の死の姿です。

著者のヨハネはそのことについて「ペテロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして」イエス様が言われたんだって言っています。

 

で、その上で、イエス様は再度言われました。

「わたしに従いなさい」

 

赦されたペテロに対するイエス様のチャレンジ、そしてイエス様の弟子としてのライフスタイル、すごく考えさせられました。

イエス様への忠実さ、本当に大切ですよね。

 

 あなたはわたしに従いなさい

で、イエス様はおそらくその後、ペテロに御自身の再臨について言われたんでしょうね。

その後のペテロの反応、それが冒頭に書いたみことば、ヨハネ21章20~22節です。

 

ペテロ、ヨハネを見て、ヨハネはどうなるんだろうって思ったんでしょうね。

そんな好奇心から「主よ、この人はどうなるのでしょうか」って聞きました。

 

するとイエス様、こう答えられました。

「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい」

 


あなたはわたしに従いなさい

あの人、この人じゃないんです。

神様はそれぞれにふさわしい賜物を用意し、召しを用意し、一人一人、各個人のためにご計画をもたれているんです。

その与えられている召しに対して忠実であり、全うしなさい。

イエス様はここでそうペテロにおっしゃったんです。

 

ペテロだけじゃなくて、今、自分自身にも語られているんだなぁって思わされました。

私たちひとりひとりに与えられている召し、それはキリストの弟子となることであり、罪から離れることです。

 

ヘブル12章14節にこうあります。


すべての人との平和を、また聖なる生活を追い求めなさい。聖なる生活を抜きにして、だれも主を見ることはできません。
神の恵みから除かれることのないように、また、苦い根が現れてあなたがたを悩まし、それによって多くの人が汚れることのないように、気をつけなさい。

 

 

罪があると神様を見ることは出来ないって、ヘブル人への手紙の著者は言っています。

そう、イエス様に従うためには何よりも罪から離れることですよね。

 

この世はサタンの支配下であり、サタンのものです。

だからクリスチャンは攻撃を受けるんです。

そして、私たちの心にいつも誘惑してくるのもサタンです。

その罪の誘惑に対して常に拒否し続けること、そしてみことばを学び、みことばに忠実になること、これなんです。

 

ぼくたちはキリストの弟子として招かれています。

「わたしに従いなさい」

これがイエス様の招きのおことば。

 

罪から離れ、聖なる生活を追い求め、聖書のみことばに忠実に従う歩み、それこそがイエス様に従う歩みなんです。

 

ぼくたちはみんな弱さを抱えているし、失敗しちゃうこともあります。

でも、常にイエス様に立ち返り、罪を悔い改め、イエス様に従う歩み、していく者でありたいですね。

 

今週も後半に入りますが、主に従う日々でありますように。。。

 
祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~ 

 



 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 



応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ



人気ブログランキングへ




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今週も無事終わりました

ほっ

今日もこうやってブログやれてること、とっても感謝です。



さてさて、Twitterに今日ツイした内容です。 







この箇所、とっても有名な箇所で、「喜び・祈り・感謝」ってよく言って、賛美もありますね。

有名なんですが、その内容の意味とか、深みとか、パウロがどういう思いでテサロニケの人々に向けてこの言葉を書いたのかって伝わってきません。


でも、この箇所だけピックアップするんじゃなくて、テサロニケ人への第一の手紙全体を読んで、その流れっていうか、文脈の中でこの「喜び・祈り・感謝」箇所を味わうと、ほんと、深いんです。

っていうか、印象がガラッと変わります。



このみことば、もう一度改めて書きますね。





☆★○☆★○☆★○☆★

第一テサロニケ5:16~18
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

☆★○☆★○☆★○☆★



ぼくたちは時に喜べないこともあります。

口ではいくらでも「喜びましょう~」とか「感謝しましょう~」みたいなこと、言えますが、でも、実際、喜びどころか、不安に押しつぶされそうになることがあります。

大切な人を亡くした悲しみ、それもですよね。。


でもね、パウロはそんな無責任な思いでこんなことを言ってるんじゃないんです。

きれい事じゃなくて、本当に苦しい迫害の中、将来、再臨のイエス様にお会いすることが出来る、まもなく私たちは携挙され、イエス様とお会いするんだっていうところから来る喜びなんです。


初代教会の信者たちの希望、喜びって、携挙されること、イエス様がまもなく戻って来られるというところにあるんです。



同じ第一テサロニケ4章16~18節にはこうあります。




☆★○☆★○☆★○☆★
主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。
それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主とあうのです。
このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。
こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。
☆★○☆★○☆★○☆★





 これを「携挙」っていうのです。

そしてこの携挙はまだ起こっていませんが、これから、というか、まもなく起こる出来事です。

神様のラッパが鳴り響き、イエス様が私たちクリスチャンを迎えに天から空中まで降りて来てくださります。

そしてその時、先に亡くなったクリスチャンの方々がよみがえるのです。

もちろん肉体をもってね。

でもその時、専門用語で「栄化される」っていうんですが、栄光のからだにされてよみがえります。

栄光のからだって、 傷も染みもない姿です。

もはや罪もありませんし、罪を起こそうという概念すらその人にはありません。

だからね、アンチエイジングなんて、もはや死語だし、当然全員完全すっぴんです。

だって、イエス様の栄光で輝いているんだから、もうお化粧なんて必要ありません。

それとね、病気だって無いんですよ。

そして栄光のからだにされて、空中まで迎えに来られたイエス様のもとに一挙に上げられていくんです。 


そしてね、次にその時に生きている人たちは、瞬間的に栄光のからだに変えられて、一挙に天にあげられます。


そして、天に上げられて、待っているのは、イエス様との結婚式です。

霊的には男性であっても女性であっても、イエス様の花嫁で、クリスチャンはイエス様との婚約中で、イエス様が迎えに来られるのを今か今かと待っている状態なんです。

そして、携挙されて、イエス様との結婚式です。


私たちは携挙され、祝福の内に結婚し、イエス様を賛美し、ほめたたえます。

そう、礼拝です。


そして、イエス様が再臨されます。

その時、私たちもこの地上に戻って来て、私たちと同じ異邦人のクリスチャンを治める働きをするんです。



パウロは、そのことを本気で信じていて、その日がわかっていて、それは確実に起こることを知っているから、だから喜ぶことが出来たんです。

パウロは地獄のような迫害を受けていましたが、その中でのモチベーションは「携挙」だったんです。



パウロは「こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい」って言われました。



イエス様はまもなく、私たちを迎えに来てくださいます。

そして、安心してください。私たちクリスチャンは一人も、一人も失格者はいないんです。

そう、救いは絶対に絶対に失いません。

一度救われたら、たとえ罪を犯しても、失敗しても、たとえ法に触れるような犯罪を犯してしまったとしても、失うことはありません。

自殺したとしてもです。


そして、試練の中にあっても、悲しみの中にあっても、イエス様は私たちの内に住んでいてくださっています。

ここに希望があり、そこに信頼すること、これが祈りなんです。


このことがわかっているから、そしてまもなく迎えに来てくださるから、感謝が生まれてくるんです。



ぼくたちはこの地上生活だけを考えていたら、死後に希望を見いだせなかったら、それは地獄であって、喜ぶことも、感謝することも出来ないでしょう。当然です。

でも、まもなくイエス様がぼくたちを迎えに来てくださるんです。

ハレルヤ、そこにこそ希望があり、喜びがあるんです。



主に信頼すること、主の愛の守りに身を任せること、そして携挙を待ち望みましょうね。

ここに深い深い慰めがあります。

主よ、来てください。。。



明日から新しい一週間、そして週の初めの日である明日、日本中で礼拝がもたれます。

心から主を賛美し、主を礼拝する日となりますように。。。



祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~  







 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
上の「LINEで読者になる」っていう緑色のバナーをポチッとして、
その後の指示に従ってください
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 



応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ



人気ブログランキングへ




イエス様の祝福が豊かにありますように。

キリストの愛を込めて。。。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ