キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

カテゴリ: 証し

こんにちわ~

今朝、不思議な夢を見ました。

と言っても、夢の内容は全く覚えていませんけどね



ただね、一つだけ覚えていることがあるんです。

それは、誰と話しているのかも、どういうシチュエーションだったのかも覚えていないんだけど、誰かにぼくが話している内容です。

「そうなんだよね、裸になったらみんなおんなじじゃん」



これだけ見ると、アブナイ。。。って思われちゃうんですが、でもね、実際はそうじゃなくて、どんなに立派な人でも、お金持ちでも、たとえば温泉とかに行って裸になったら、他の人と何一つ変わらない、どんな人でもみんなおんなじだっていう意味です。

誤解しないでくださいね(笑)




今日一日、そのことを思い巡らしていました。


旧約聖書の第一サムエル16章7節にこうあります。

 
しかし、主はサムエルに言われた。
 
「容姿や背の高さに目を向けるな。わたしは彼を退ける。
 
人間が見るようには見ない。
 
人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。
 

これ、サウルに代わる王を選ぶときのみことばで、サムエルはエリアブという人を選ぼうとしました。

彼こそ主の前に油を注がれる者だって思ったんです。

きっと今でいうイケメンだったんでしょうね。

でもそのサムエルの考えに対して、神様は「人間が見るようには見ない」と言われたんです。



「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る」


今日一日、このことを思い巡らしていたんです。

で、ずーっと「そうなんだよね、裸になったらみんなおんなじじゃん」っていう言葉とリンクして、グルグルと思い巡らしていたんです。



まさに神様は私たちの外面じゃ無くて、内面、丸裸の私たちを見ておられるんです。

どんなに身なりを良くしても、印象を良くするような姿をしていても、それは外見、容姿ですよね。

私たちは服を着飾り、女性は化粧をし、自分の恥ずかしい部分を隠します。


でも、神様は私たちのそういう姿を見ていないんです。

丸裸な私たち、スッピン風メイクじゃなく、完全スッピンで、丸裸な私たちを見ているんです。



そして、その上で私たちを愛し続けていてくださっているんです。

私たちの人には絶対に見せたくない部分をも受け入れて。。。。


それがご自身の御子であられるイエス様の十字架による購いですよね。


この愛を受け入れ、受け取ることが出来たこと、救われたこと、これがどんなに大きなことか、はかりしれません。

そうやって愛されているんだなぁって、クリスチャンであるということがとてつもなく大きな恵みなんだなぁってしみじみ思わされました。



私たちクリスチャンはそうやって主に受け入れられた者たちです。

そして、絶対に見捨てられることはないし、ひとりぼっちでもありません。

凄いですよね。


同時に、私たちはキリストの体であり、そうやって受け入れられた者たちです。

だから、愛し合うんですよね、キリストの体としてね。


そんなことを思い巡らしていました。

さあ、今週もあと二日、主の愛の御手の中に留まり、主との愛の関係を深めましょうね。


祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑LINEでこのブログの更新通知が届きます♪




気軽に励ましのコメントくださいね
 

それと応援の意味を込めて、ポチお願いします 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ





イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今日も無事終わりました。そして今週も半分が過ぎました。

そして、6月も後1週間と1日なんです、はやっ

与えられている時間って限りがあるし、あっという間に過ぎちゃうから、大切に、そして神様から任されている働きを忠実にしていきたいですね。




このところ、ヨブ記のことをブログで書いてます。

今朝もヨブ記、味わったんですが、ヨブ記を味わう中で感じること、それは自分の内面にメスが入れられているなぁっていうこと。

神様の前では、何も知らないし、無能だし。。。。

ただただ神様の一方的な愛で、生かされ、支えられているんだなぁっていうこと。




以前、「神様の愛の深さ」っていうタイトルで書きました。

この日の朝というか、夜中というか、夢を見ていたんです。

でね、その夢、内容は忘れちゃったんですが、一つ、未だ記憶していることがあるんです。

っていうか、ブログで書いてるから覚えてるんでしょうね。



それはね、誰だかは忘れちゃったというか、わかんないんですが、ぼくがその人と話してて、話の流れで「裸になればいいじゃん」って言ったんです。

温泉とか、スパとかに行くと、当たり前だけど、みんな全裸ですよね。

でね、まっ、温泉に行く度に思うんですが、服を脱いで全裸になったら、その人の地位とか、立場とか、どれだけスキルがあるかとか、お金があるか、無いかとか、そんなの全く関係ないんだなってね。

普段は立派な服を着て、それなりに地位があったとしても、服を脱いで全裸、真っ裸になったら、生まれたままの姿になったら、他の人と何一つ変わらないんです。

温泉に入って、周りの人をぼんやり見ながら、そんなことを思ってて、おそらく夢の中の会話でそれが反映されたんでしょうね。



でもね、実は神様の前に出る時って、まさにこれなんじゃないのかなぁって、最近、しみじみ思わされてるんです。

神様の前に出るとき、そしてクリスチャンライフを送る中で、立派な服、まっ、霊的な立派な服を着飾っていているんだなぁってすごく思わされているんです。

そして、霊的な意味ですよ~(笑)、裸になればいいじゃんって思うようになったんです。



それはどういう意味かというと、いろんなプライドとか、見栄とか、人に悪く思われたくないとか、本当の自分を知られたくないとか、そういう服を脱いで、全裸になったとき、はじめて神様に依り頼むということが出来るようになるんだなってね。

素っ裸な、弱々しくて、ボロボロに傷ついて、不安と恐れがいっぱいな、そんな自分、それを認め、神様の前に出るんです。

背伸びして立派なクリスチャンを演ずる必要なんてこれっぽっちもないです。

ただ、弱さのままで主の御前に出るんです。



ヘブル書にはこうあります。



ヘブル人への手紙4章15~16
この大祭司(これはイエス様のことです)は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。

だから、憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではないか。
 


今、イエス様は大祭司となられ、天の御座に着座され、父なる神様に大祭司として執り成し祈り続けてくださっています。

この箇所では「あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われた」ってありますが、でもね、イエス様の試練って、ぼくたちの試練なんかより、遙かに大きな試練でした。

ユダヤ人の王として来られたのに、彼らには受け入れられず、十字架にかかられました。

そして、十字架上で、父なる神様からも見捨てられ、これ以上の孤独は無いというだけの苦しみ、試練に遭われたのがイエス様、それはみんな私たちの罪のためです。


あぁ、このイエス様の前で弱い、へなちょこなまんなで、カッコつけずに出られること、イエス様ご自身が愛に満ちた手を広げてくださっていること、これ以上の恵みはないですよね。



そういうことで、霊的に裸になること、これはとっても大切なことだと思います。

自分が良く思われたいとか、笑われたらどうしようとか、信用なくしちゃうんじゃないだろうか、プライドが許さないとか、嫌われたくないとか、友だち無くしたくないとか、そういう服をぜ~~~んぶ脱ぎ去って、裸になってイエス様の御前に出て、イエス様の愛に満ちた御手の中に飛び込んでいきましょうね。

もちろん、簡単じゃ無いかもしれません。だってね、それが週感づいてるし、自分の堅い殻ってなかなか割れないですもんね。

でも、冒頭でも書いたけど、ヨブ記を味わう中で、改めてこの裸になることの大切さを実感するんです。

お互いに弱さを認め、受け入れ合い、そのまんま、まさに裸で神様の優しい御手の中で安息しましょう


祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~






 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

昨日なんですが、病院に行きました。

何しに行ったって、病気の治療というか、検診だったんです。


実はね、ネフローゼ症候群という病気で、一年半前から煩いわました。

2013年の.12月、風邪のような症状になり、食欲なくなったんです。

風邪の症状がずーっと続き、なかなか治らず、おかしいなって思ってたんですが、まっ無理がきいたんで、直ぐ治るだろうと思い、ほうっておきました。


で、クリスマスも終わり、体調も悪かったんで、地元の内科の病院に受診しました。

病院に行くと、病院の先生、回答一番、浮腫んでないですか?

いいえっていうと、顔が浮腫んでますね。足見せてくださいって言われ、足を見せると「ほら浮腫んでますね」って言われました。

で、尿検査と血液検査をし、明日来てくださいって言われました。


すると翌朝、突然うちに電話がありました。病院からでした。

検査の結果、尿淡泊もあり、血液検査の結果も異常なので、直ぐ紹介状を出しますから、病院に寄り、紹介する大きな病院に直ぐ行くように言われました。


その病院に行くと、ネフローゼ症候群です。命に関わるので直ぐ入院してくださいって、緊急入院するようにって言われたんです。

ネフローゼ症候群というのは、腎機能の何かの異常で濾過する部分に異常が起こり、淡泊が漏れてしまい、尿が出なくなってしまうという病気です。

結果浮腫んでしまうんですが、なんと外に出ずに体に溜まった尿が胸まで溜まり、このままほうっておくと脳もやられるし、死んでしまうと言われました。

それで緊急入院を勧められましたが、入院する準備もあるし、何よりもお正月を病院で迎えるのはさすがに嫌で、わがままを言い、お正月明けまで執行猶予(笑)をもらいました。


入院すると、腎細胞の一部を摘出し、結果、薬は効きますが、再発する可能性が限りなく高く、薬が減ると再発する確率が高いと言われました。

それでプレドニンというステロイド剤を飲むこととなったんですが、一日120mgです。

いろんな副作用もあり、精神的にも落ち込んだりしました。


1ヶ月入院し、ステロイド剤が一日60mgまで減ったところでの退院でした。


再発の不安を抱えながらここまできましたが、感謝なことに再発することなく、薬も徐々に減って行き、先月から一日3mgまで減ったんです。

そして昨日、受診すると先生から、尿淡泊もなく順調です。このまま行ってくれれば、年明け位をめどに薬を無くしましょうって言われました。


ここまで、本当に長かったです。

もちろん再発のリスクはありますので不安はありますが、主が支えてくださったことただ感謝です。


これからも主に信頼します。

この病気もまた、主に信頼するように、ご自身の栄光を現されるために与えられたものです。


主よ、感謝します

全ては主の御手の中です。


でわでわ~
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちは~

今日はぼくがどのような経緯でクリスチャンになったのかを書きますね



ぼくが初めてイエス様と出会ったのは、小学校5年生の夏でした。

今もそうなんですが、毎年夏になると地元の海岸で花火大会が行われていました。

今はもう無理なんですが、当時、まだビルやマンションも建っていなかったので、家から花火が見えました。

なのでわざわざ海岸まで行かなかったんですが、その年、本当に不思議ですが、海岸まで花火を見に行ったんです。



で、海岸の入り口に着くと、入り口の付近で何かを配っている数人の人がいたんです。

ぼくは何だろ~って思いながら、入り口でその人たちから配っていたものをもらいました。

それは十数ページの小さな小冊子で、「イエス・キリスト」というタイトルでした。

花火が始まるまで、まだまだ時間があったので、浜辺にあった木材に座り、それを読んだんです。




それは本当に衝撃的でした。

それまでキリスト教のキの字も知りませんでした。

興味も関心もありませんでした。

だから余計だったのかもしれませんね。。。



薄暗くなってきた浜辺で読みながら、どんどんとその文章に引き寄せられました。

本当にビックリしました。

イエス様っていうお方は何て凄いんだろう!!!

目の見えない人を見えるようにされ、歩けない人を歩けるようにされ、死んだ人を生き返らせた!
 

しかも十字架にまでかかられて!!!!

よ~~~し、オレ、クリスチャンになるぞ~~~!!!!

その時、本気でそう思ったんです。




そして数週間後、近くの教会に行くようになりました。

でもその当時、教会学校に対して誤解があり、教会学校は幼稚園児が行くところだと思っていました。

自分はもう小5、だから教会学校は関係ないと思い、何度か大人の方に誘われましたが断り、大人の方々が集う通常の礼拝に出席していました。



でも、今振り返ると面白いというかなんというか、よく「神様、仏様、御仏様~」ってありますよね。

ぼくは思ったんです、どうしてそこにイエス様はおられないんだろうってね。

だからお祈りする時、「神様、仏様、御仏様、イエス様~」ってお祈りしていました。

もちろん、今はそんな祈り絶対にしませんけどね




そんなこんなでしたが、半年、一年と経つと、段々と教会から足が遠のいていきました。

そして中学に入ると、もう全く教会に行かなくなったんです。


中学に入ると環境も変わり、自分がわからなくなってしまいました。

いじめにも遭いました。。。

そしてついにクラッシュし、不登校をするようになったのです。




本当に空しかったです。

たばこを吸いました、お酒も飲みました。

でも全く満たされません。




中3になると学校には行くようになりました。

でも、心そこにあらずでした。

空しくて、いつも教室の外を見て、外の自由の世界にあこがれていました。

全てが空しかったです。





さて、中3の冬の頃のことです。

ぼくにとって人生を変える大事件が起こりました。

その日は確か日曜日でした。

普段ならお昼頃に起きるのですが、その日は不思議と朝早く目覚めてしまいました。

で、何の気なしにテレビを付けたんです。

もちろんバラエティー番組が見たくて、何か面白い番組ないかなぁ~~ってね。




で、番組を幾つか変えたら、何とキリスト教の番組がやっていたんです。

これも不思議なんですが、その時、番組を変える手が止まり、懐かしいなぁ~って思いながら、その番組を見入っていたんです。

その番組は海外の公開番組で、ショーアップされた番組でした。




で、その番組の中で盛んに言っていたのは、「あなたは愛されています」

賛美があり、その賛美のテーマも「あなたは愛されています」です。

CMもあり、それも「あなたは愛されています」

通常のキリスト教の集会と同じで、賛美が献げられ、そしてメッセージに入りました。




テレビ牧師の方が出て来て、そしてメッセージをされました。

そのテーマもやっぱり「あなたは愛されています」でした。
 


メッセージの中で、「あなたは愛されています。あなたのためにイエス様は十字架にかかられたのです」というようなことを話されていました。




ぼくね、その時はっきりと、明確にわかったんです。

ぼくの内には罪があるってね。

だって、不登校もしたし、お酒やたばこの吸ったし、親を悲しませたし。。。

逃れられないことです。




ぼくは罪人だって深く受けとめました。

そして同時にイエス様の十字架と復活もはっきりわかったんです。

やっぱりあの小学校5年生の夏の時の下地があったんでしょうね。

主はそうやってぼくをずっと愛され、捕らえられていたんですね




ぼくのためにイエス様が十字架にかかられ、3日目に甦られ、天におられるとはっきりと信じ受け入れました。
 

イエス様を信じ、クリスチャンになりたいって真剣に思いました。


メッセージを聴きながら、ポローっと涙が流れてきました。



番組も終盤になり、メッセージの最後で、「もし今イエス様を信じたいと思われた方は手を上げてください。テレビの前のあなたもです」って言われました。

ぼくは涙を流しながら、はーいって手を上げたんです。




そしてテレビ牧師の方が言われました、私の後について一緒にお祈りしてくださいって。

ぼくは「イエス様」って言われたら、その後で「イエス様」ってテレビの前で声に出してお祈りしました。




番組が終わったとき、あぁ、救われたんだって思いました。

ぼくはイエス様に愛されている、ぼくのために十字架にかかれたイエス様、って心から思いました。

そして本当に変わったんです。




当時日曜日はお昼まで寝ていたんですが、翌週からは前日の土曜日は夜の8時には寝て、朝5時前には起きてそわそわしていました。

テレビガイドを買って、キリスト教の番組をチェックして、全てのキリスト教番組を見ていました。

かつて好きだったものが嫌いになりました。

逆に嫌いだったものが好きになりました。


今も全くそれは変わりません。

イエス様を信じてクリスチャンになってから、一度もぐらついたり疑ったことはありません。




イエス様はぼくの宝であり、ぼくのすべてのすべてです

ただただ主に感謝です


ハレルヤ、主よ 感謝します


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ