キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

こんにちわ~

今日も無事終わりました。ほっ

そして今週もこれでおしまい、主よ、感謝します。

前回に続いて、今回もみことばの分かち合いをします。



ヨハネの福音書14章からです。

ヨハネ14:5~7
トマスが言った。。「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうしてその道を知ることができるでしょうか。」

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことはできない。

あなたがたがわたしをしっているなら、わたしの父をも知ることになる。
今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」

トマスの発言ですが、これはその前の節でイエス様が言われたことを受けて、トマスが語ったことばです。




わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている(4)

トマスは全然わからず、イエス様がどっか別の地方に行かれるのかなって思って、それで質問したんでしょうね。



これ、トマスだけじゃなくて、弟子たち全員そうでした。

イエス様はこれから十字架にかかり、3日後に復活するということを語られています。

だけど、弟子たちはそのことを理解するどころか、記憶から完全に抜けちゃっているんです。



これは、イエス様が復活され、彼らに会うまで続きます。

だって、イエス様は復活してガリラヤに行くと弟子たちに語っているんですが、イエス様が言われた3日後にガリラヤに行った人は一人もいません。

女たちがイエス様が復活されたって伝えても、「ふん、女の言うことなんて。。。」ってそっぽを向いて、聞く耳持たずです。

ごめんなさい、これはこの当時の一般的なユダヤ人の考え方であって、女性蔑視でもなんでもありません。
弟子たちは本当に情けないなぁって、他人事で思っちゃいますが、でもこれ、ぼくたちも気をつけなくちゃ、似たようなこと、やっちゃうと思います。


弟子たちはイエス様の語られたみことばをそのまま受け取れませんでした。



私たちは聖書のみことばに真剣に取り組んでいるんだろうか、みことばにどれだけ信頼し、みことばに立っているんだろうか。。。

うーん、考えさせられますね。



イエス様はそんなトマスを叱りつけるんじゃなくて、すごく大切なことをおっしゃいました。


わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。(6)

これ、イエス様の神性宣言です。

イエス様こそは真理そのものです。命です。

私たちの進むべき道はイエス様です。




イエス様は真理であり命なるお方、このお方が肉体を持たれ、そして十字架にかかりました。

そして、イエス様が十字架上で「完了した」(30)って言われ、息を引き取られました。

「完了した」(新改訳)、「成し遂げられた」(新共同訳)は、原語では「テテレスタイ」っていう言葉が使われていて、これは商売用語で、借金はすべて完済したっていう宣言をするとき「テテレスタイ!」って使う用語なんです。

イエス様は一般庶民が使う言葉を使い、私たちの罪という大きな借金は完済し、もう借金は一切無いって宣言されたんです。




だから今、私たちはイエス様を通して、天のお父様のもとに行くことが、大胆に行くことが出来るようになりました。

だから、お祈りするとき、「イエス様のお名前によってお祈りします」って祈りの最後に言うんです。

これは、とりあえずお祈りの最後に言う言葉じゃないです。

これ、とっても大事なこと、神学的には、お祈りは、天のお父様にします。



だから、祈りの冒頭に「天のお父様」って言いますよね。

これも祈りの最初の決まり文句じゃないですよ。

そうじゃなくて、ぼくたちはイエス様を通して、天のお父様にお祈りしているんです。

イエス様が十字架上で私たちの罪がすべて処理され、無くしてくださるまでは、天のお父様のもとに行くことは、つまりお祈りすら出来ませんでした。

それが今や、「お父様」って、イエス様を通して天のお父様とお祈りすることが出来るようになったんです。

ぼくたちの救いはイエス様のみです。

イエス様以外には真理はありません。




世の中、いろんな宗教がある、だから宗教間で仲良くし、世界平和のために共に愛し合い、受け入れ合いましょうって、言う人たちがいます。

でも、キリスト教はそういうふうに他宗教を受け入れたり、他の真理も認めるということはしません。

排他的と言われてもです、妥協は絶対に出来ないんです。

それはどうしてかというと、イエス様のみが道であり、真理であり、命だからです。

イエス様以外の道を通って救いに至るということ、罪が完全に赦され、処理され、天のお父様のもとに行くことが出来るって無理です。

イエス様以外に父なる神様のもとに行く道はありません。

イエス様だけが唯一の救いの道です。



この道を歩み、みことばを愛し、慕い求める歩みを来週一週間もすることが出来ますように。。。



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

前回の続きです。

ほんとはひとまとめに書くつもりだったんですが、前回、「心を佐川せるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」っていう14章1節のみことばについて分かち合ったら、火が付いちゃって長々と書いちゃったんです


ということで、前回の続き、分かち合いますね。




ヨハネ14:1~4

「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。

わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。

行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。

こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。

わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」




イエス様は2節で、「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」って言われた理由について語っておられます。

わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。
こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる



イエス様、言われました。

「わたしの父の家には住む所がたくさんある。。。行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる」

「わたしの父の家」ってどこだかわかりますか~?

ナザレのイエス様のお母さんがいる家のことじゃないですよ~(笑)

そうじゃなくて、「わたしの父」、つまり天のお父様のところ、天国です。

そこに行って、弟子たちのために場所を用意しに行くんだっておっしゃったんです。



イエス様はこの後、十字架上で死なれ、墓に葬られ、3日後によみがえり、復活します。

でね、その後、天に上られるんですが、その目的がこれなんです。

そして、今も天におられます。



これ、ユダヤ人の結婚式がわかると、この意味がわかります。



☆★○☆★○ユダヤ式結婚式☆★○☆★○☆

婚約
まず婚約ですが、それは双方の親によって相手が決められるケースが多いです。
そして、ある人は幼くして婚約しますし、ある程度大きくなってからの人もいます。
いわゆる「いいなずけ」です。

婚姻
そして、結婚式直前に、支度が整った花婿が花嫁の家に出向きます。そして、同じように支度の整った花嫁を自分の家に連れ帰ります。
そして普通、婚約と婚姻との間には数年から数十年の間があり、それだけの長いスパン、待たなければなりません。

ユダヤ式婚姻は、花婿が花嫁に「さて、お迎えに上がりますので、テントを建てます。準備してお待ちください」と宣言し、自宅の庭に花婿となる息子がひとりでテント、つまり「仮庵」を建てます。

これは、仮庵で結婚式の7日間を過ごすためなんです。

その間、父親の厳しいチェックが入り、作り始めてから完成するまで一年はかかるそうです。

そして、ようやく花婿の父親のOKが出たら、花婿は支度を整え、花嫁を迎えに行くんです。
まっ、厳密には、花嫁を誰にも見せたくないから、真夜中のお迎えになるそうです。

そして、花婿が受託を出発する時、花婿の父親がラッパを吹いて、「いってらっしゃーーーい」の合図をします。

その音は大抵花嫁の家にまで響き渡り、その音を聞くと「いよいよお迎えが来る」と知ることとなるんです。

結婚式
いよいよ結婚式です。これは家族や親族だけの少人数で行われます。

実際には、花婿が用意した仮庵の中で、花婿と花嫁の二人だけで一週間を過ごします。

披露宴
二人だけで一週間、仮庵で過ごした後、いよいよ披露宴です。

この時は結婚式と違い、友だちを招いて、大規模な祝宴が開かれるのです。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆



これがユダヤ式の結婚式です。

実はね、聖書はイエス様と私たちクリスチャンは婚約関係にあるって言ってるんです。

イエス様が花婿、そして私たちは花嫁。

私たちがイエス様を信じ、救われた時、イエス様と私たちとの婚約式が成立しました。

そして、その後、花嫁である私たちクリスチャンと花婿イエス様との結婚式のための準備が行われ、父なる神様のもとに行き、一緒に住むための住まいを用意しに、天に上られたんです。


実はね、このヨハネ14章2~3節で語られていることって、このことだったんです。

イエス様は今、私たちクリスチャンとの結婚式のために天にお迎えするために、先に天に上られたんです。

そして、イエス様は約束されています、
行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。
こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。(3)


イエス様が私たちをお迎えに来てくださる日、それを「携挙(けいきょ)」って言います。

別名「空中再臨」と言われ、空中まで私たちを迎えに来てくださり、私たちを空高く引き上げ、天に連れて行ってくださるんです。



えっ、その時生きていればいいけど、死んじゃったら。。。

大丈夫、第一テサロニケ4章13~18節を見ると、ユダヤ式結婚式と同じで、イエス様が迎えに来てくださるとき、まずラッパの音が響き渡ります。

そしてその時、死んでしまったクリスチャンは肉体をもって復活します。

そして、その時に生きているクリスチャンと一緒に天に挙げられ、イエス様と共に仮庵に住み、結婚式が行われます。

その後、この地は7年間の大患難時代と言われる壮絶な天変地異が起こったり、戦争が起こったりする最悪の7年間を迎えることとなります。

そして、この大患難時代の最後にその時生きているユダヤ人が全員悔い改め、救われます。全員です。

そして、イエス様が王としてこの地に来られ、千年の間、この地を治めるのです。


そしてなんと、その時、罪も無く、病もない、最高の状態である私たち、この時はアンチエイジングなんて死語です。染みもしわもないし、美味しいものを食べても太ることはありません。
そして罪を犯すこともありません。
その私たちもイエス様と共にこの地で千年王国、その地にいる異邦人たちを治めるのです。

そして、この千年王国の時、イエス様と私たちとの婚約式が行われます。


これが神様のご計画なんです。

だから今、ぼくたちは、イエス様がぼくたちをお迎えに来てくださる時を、つまり携挙を今か、今かと待ち焦がれている状態なんです。


イエス様は必ず迎えに来るって約束されています。

イエス様に二言はありません(こういう使い方していいのかわかんないけど。。。(笑))

イエス様は約束を破るようなことは決してないです。だから、必ず携挙はあるんです。



それを信じるか、信じないかで、信仰生活は大きく変わります。

もし、携挙を信じないならば、この世の出来事に一喜一憂してしまいます。

でも、ぼくたちは知っています、この世は過ぎ去る一時的な場だっていうことを。

そして、まもなくイエス様がお迎えに来てくださるんだって。




イエス様は「わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている」(4)っておっしゃいました。

弟子たちに何度となくこれまで語られています。

だから、イエス様の言われたことを心に治めているのなら、知っている筈です。



私たちもまた、今日、神様の啓示の書である聖書を持っています。

聖書の中に神様の啓示は書かれていて、それは100%完結しています。

だから、聖書を読めば、携挙についてわかります。

つまり、イエス様が今どこにおられ、まもなく私たちを迎えに来てくださるんだっていうことを。



パウロは携挙のことをテサロニケの信徒宛の手紙に書き、最後にこう書いています。


第一テサロニケ4:18
ですから、今宣べた言葉によって励まし合いなさい(慰め合いなさい)。




まもなくイエス様は再び来られます。

それは私たちを天国にお迎えしてくださるためです。

そう、私たちは男であっても、女であっても、霊的にはイエス様の花嫁で、もう婚姻関係に入っています。

そしてまもなく花婿であるイエス様が私たちを迎えに来てくださるんです。


そのことを日々の歩みの中で意識し、何時イエス様がお迎えに来てくださってもいいように、心の準備をしていきましょうね。


祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今日、二つ目の投降です


今回もみことばの分かち合いをしますね。

今日からヨハネの福音書から、イエス様の最後の弟子たちへのメッセージから、教えられたことを分かち合います。



ヨハネ14:1~4

「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。

わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。

行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。

こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。

わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」
 


これ、イエス様が十字架にかかるまさに直前に語られたおことばです。

だから、緊迫感が伝わってきますよね。


イエス様は言われました、
心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい(1)

弟子たちの心は動揺し、まさに心騒がせ、ザワザワしている状態でした。

だってね、自分たちのラビであるイエス様が十字架にかかるなんて言うから。。。


弟子たちの心はこうです。

イエス様が自分たちから去って行ってしまう。
しかもイエス様は死のうとしている。
更に、我々の中に裏切り者がいて、イエス様を裏切ろうとしている。
ペテロは三回もイエス様を拒否する。。。


そんな弟子たちにイエス様は「心を騒がすな。神を信じ、わたしをも信じなさい」っておっしゃられたんです。


そうなんですよね、ぼくたちもこれ、すごく重要ですよね。

いろんな恐れや不安にさいなまれたら、問題が生じてどうしようってなったら、病で大変なことになったら。。。

こんな時、大切なのはこのみことば、「心を騒がすな。神を信じ、わたしをも信じなさい」っていうみことばですね。

問題が生じたとき、大切なのは「どうしよう」ってなったとき、心を騒がせず、落ち着いて、問題ではなく主を見上げることなんですよね。

そして、すぐに行動しないことです。


3秒間ルールって、落としたら、3秒以内なら綺麗って、あれじゃないですよ(笑)
そうじゃなくて、何かあったら、すぐに慌てて行動するのではなく、3秒間待つこと、その間に深呼吸し、主に心向けることです。

もちろん3秒間ルールって、4秒目に行動すればいいっていう意味じゃないですよ。

そうじゃなくて、心を落ち着かせ、心に主を迎え入れ、祈り、主に聞くこと。

すぐに行動に移さないっていう意味です。



ぼくたちはすぐに行動しがちですよね。

問題が生じると、パニクっちゃって、あぁぁぁ、大変だぁぁぁあああってなっちゃうんです。

そしてともかくあれを、これを!!!!ってやっちゃいます。

でもね、そういう中で、イエス様は言われました、「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」



イエス様は弟子たちに十字架にかかる前に、このことをまずお語りになりました。

私たちもまた、神様に信頼すること、これが大切なんです。


長くなっちゃったんで、残りは後でまた書きますね。


ぼくたち、ご一緒に神様に信頼する信仰、持ち続けていきましょうね。

すべては主がしてくださいます、ハレルヤ~


祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわぁ~

今日も無事終りました。

今日は7月1日、7月のスタートなんですが、実は、昨日で2016年の前半が終わり、今日から後半に入ったんです。

全然ピンと来てませんけどね。

今月もそうですが、いろんなことがあると思いますが、主が用意されているそのご計画に期待します




さてさて、今日はスタバに行き、コーヒージェリーフラペチーノっていうフラぺ、飲みました。


38



これ、底にコーヒーゼリーが入っているフラぺなんです。

ストローでチュルチュルチュルって吸うと、底にあるコーヒーゼリーが口の中に入ってきて、面白い食感で、ほろ苦くて、とっても美味しかったし、癒されました





そんなこんなですが、今月も主に期待します。

神様の用意されてる計画、何でしょうね。

主の御心の中を歩めますように


ブログはみことばの分かち合い、いっぱいしたいと思ってます。

今月も、後半もよろしくお願いします  



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~ 


昨夜、ヨブ記からの分かち合いをしました。

で、その後、ずっとひとつのみことばが心にあって、思い巡らしています。

それは、42章7節の後半から始まる、神様がテマン人エリファズに語られたことばです。



で、ここで神様はヨブのことを終始「わたしの僕ヨブ」って言ってますよね。

そこに神様の優しさを感じていたんです。


神様と論争しようとしたヨブ、そのヨブが自分の愚かさと如何に何も出来ないのか、無知なのかを思い知らされ、悔い改めたとき、神様はヨブの罪をお赦しになられました。

そして彼は再び義とされたんです。


それだけじゃなくて、っていうか、それだけでも感謝なのに、なんと神様はヨブのことを「わたしの僕」だって、そうヨブを評価されたんです。


ヨブに対する愛が並々ならないなぁって思わされたんです。



でね、ぼくたちもおんなじなんですよね。

イエス様の十字架と復活の福音を信じ受け入れ、罪赦され、救われた私たちもまた、神様は「わたしの僕」って呼んでくださっているんです。

ぼくたちが救われるって、実は凄いことなんですよね~

しみじみそのことを思い巡らしました



ぼくたちは罪赦され、罪の奴隷から完全に解放され、自由とされました。

そのぼくたちが今度は、「神のしもべ」として、主を愛し、主のしもべとして喜んで歩んでいける、これは本当に恵みであり、幸いなことなんだなぁって思います。

お互いに「神のしもべ」としてのライフスタイル、感謝をもって過ごしましょうね

これこそが私たちの幸せです。

ハレルヤ



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~






 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ~

今日もみことばの分かち合いをしますね。

そして、今日もヨブ記、ヨブ記ももうちょいなんで、もうちょっとお付き合いください。





ヨブ記42:7~9

主はこのようにヨブに語ってから、テマン人エリファズに仰せになった。

「わたしはお前とお前の二人の友人に対して怒っている。
お前たちは、わたしについてわたしの僕ヨブのように正しく語らなかったからだ。
しかし今、雄牛と雌羊を七頭ずつわたしの僕ヨブのところに引いて行き、自分のためにいけにえをささげれば、わたしの僕ヨブはお前たちのために祈ってくれるであろう。
わたしはそれを受け入れる。
お前たちはわたしの僕ヨブのようにわたしについて正しく語らなかったのだが、お前たちに罰を与えないことにしよう。」

テマン人エリファズ、シュア人ビルダト、ナアマ人ツォファルは行って、主が言われたことを実行した。

そして、主はヨブの祈りを受け入れられた。
 



今日の箇所は、ヨブの3人の友だちへの裁きというか、言及です。

神様は、3人の友だちの中から代表者としてテマン人エリファズを選びました。

おそらくエリファズが一番の年長者だったんでしょうね。



で、神様はエリファズに、エリファズも含めて3人に怒っているんだっていうことを告げました。

神様が怒っている。。。ひぇ~~どころじゃなく、顔面蒼白、体中身震いし、恐ろしくて言葉も出ないし、やっと立っているような状態だったことと思います。




でね、神様はそのエリファズに怒ってるんですが、どうして怒っているのかというと、「わたしについてわたしの僕ヨブのように正しく語らなかったからだ」っていうことです。

どういうことかというと、彼ら3人の信仰は因果応報、苦難は罪の結果だという前提でヨブを責め、悔い改めに導こうとしていますよね。

そして、実際には見てもないのに、推測で「こういう罪を犯したんだろう」的な発言をし、ヨブを責め立てました。

そのことを神様は彼らに言っているんです。




これね、実は今日でもおんなじことをやってるクリスチャン、いっぱいいます。

試練は罪の結果みたいな。。。

イエス様は何と言いましたか、


本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。
神の業がこの人に現されるためである。
~ヨハネ9:3~


イエス様ははっきり言われてますよね、「神の業がこの人に現されるため」だってね。




もちろん、罪の結果というケースもあります。

たとえばギャンブルにのめり込んだ結果、借金で大変なことになるとか、ね。

でもね、全部が全部罪の結果じゃないんです。



ある人は先祖の罪の結果だって、先祖の罪の悔い改めまで求めてきます。

でもこれも違います。

先祖の罪はその人が負うのであって、子孫とは関係ありません。

そして、十字架上で、アダム以来代々受け継いだ罪の代価はイエス様が全部支払われ、「借金は完済した」(完了した)って十字架上でおっしゃられ、そして自ら息を引き取られました。

だから先祖の罪に恐れる必要は全くありません。



私たちの罪はイエス様の十字架上で全部処理され、福音の三要素、イエス様が十字架で死なれたこと、墓に葬られたこと、三日目によみがえられたこと、その事実を受け入れ、それが自分のためだと認め、そこに信頼を置いた時、イエス様の十字架の御業が私たちのものとなり、完全に自由とされます。

だから、試練は罪の結果だと相手を責めることは、神様の御心を否定する重罪なんです。




さてさて、このエリファズへの神様の発言、気づいていますか、なんと4回も「わたしの僕ヨブ」って言ってるんです。

っていうことは、ヨブと神様の関係は回復し、あのサタンとの会話以前の関係に戻ったっていうことです。

すごいですよね。




わたしの僕ヨブはお前たちのために祈ってくれるだろう(8b)

ヨブは祭司としての働きを再開することとなります。

ヨブは、苦しみの中で神様と対話したいから、その仲介者を求めていました。

なんと、その仲介者が自分となったんです。

神様のなさることは本当に素晴らしいですね~




ヨブは神様の前に悔い改めたとき、罪赦され、「わたしの僕」って呼ばれるようになりました。

3人の友人たちも、神様が言われたとおり、大量の犠牲の捧げ物をヨブの前に持って行き、ヨブに仲介に入ってもらい、祈ってもらったとき、罪赦されました。

私たちはどうでしょう?

私たちもそうなんですよね、ヨブが3人の友人の仲介者となったように、今日、イエス様が私たちの仲介者となってくださっています。

だってね、お祈りの最後に何と言いますか?「イエス様の御名を通してお祈りします」って言いますよね。

これ、祈りの最後の決まり文句じゃないですよ。

ものすごく重要な言葉で、イエス様の信じる前の私たちは罪のために天のお父様に祈るなんてとんでもないこと、近づくことも出来ませんでした。

だって、神様は義そのものですからね。

でも、イエス様の十字架と復活の福音を信じ受け入れ、救われたとき、イエス様が天のお父様との仲介者となってくださり、今日、イエス様を通して天のお父様と大胆にお祈りし、神様の愛を受け取り、甘えることが出来るようになったんです。

そう、愛に溢れた親子関係です。



そういう意味では、この箇所のヨブはイエス様と私たちとの型ですね。

だから、罪を犯しても、イエス様を通して悔い改めることができ、すべての罪は赦されるのです。




これ、すごい恵みですよね。

主の恵みを味わいつつ、大胆にイエス様を通して私たちのお父様の御前に出ましょうね。

ハレルヤ 



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~




 

↑↑↑登録するとLINEにこのブログの更新通知が届きます♪ 
ぜひぜひLINEに登録してくださいね

それと、気軽に励ましのコメントくださいね
 
 

応援の意味を込めて、ポチお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ




イエス様の祝福が豊かにありますように

キリストの愛を込めて。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ